しかくいおとうふ

資格フェチの私おとうふが、資格取得を目指すさまを主に自分に向けて発信します(キモ)。

管理費等の余剰又は不足が生じた場合の取扱い

平成25年度試験問題 [問26]

管理費等に余剰又は不足が生じた場合の取扱いについて、総会の普通決議で行うことができるものは、標準管理規約によれば、次のうちどれか。

1 管理費に余剰が生じた場合に、これを修繕積立金に振り替えること。
2 管理費に不足が生じた場合に、修繕積立金の一部を管理費に振り替えること。
3 管理費に余剰が生じ修繕積立金が不足する場合に、管理費を引き下げ、修繕積立金を引き上げること。
4 管理費に不足が生じ修繕積立金に余剰がある場合に、共用設備の保守維持費の支払に充てるため、修繕積立金を取り崩すこと。



いきなり問題でした。

今考えればなんてことのない問題ですよね(私はもちろん間違えてます!)

答えは「3」です。

私は管理していたマンションでの経験で「1」を選んで、採点の時にあっ!てなりました。

この問題は、標準管理規約第28条4項だけわかっていれば答えられた問題ではないでしょうか。

第28条
4 修繕積立金については、管理費とは区分して経理しなければならない。


管理費と修繕積立金は混ぜちゃダメ!

ってことですかね。